パーミッションマーケティングとは?

パーミッションマーケティングとは?

従来のマスマーケティング(インタラプションマーケティング:邪魔・土足マーケティング)は、ただひたすら多額の広告費を「TV広告」をはじめ「新聞広告」、「雑誌広告」や「インターネット広告」などにかけて、繰り返し消費者が期待していない時に広告を見せて、その時の行動を邪魔をしています。そのため、あげくの果てにレスポンス率が低いマーケティングであるです。

 

それに対し、パーミションマーケティングとは、顧客や消費者の「同意」を得て行うマーケティング活動。あらかじめ「同意」を受けた顧客や消費者に対してのみ勧誘や販売をするため、パーミション(同意)を得られればこちらからのメッセージを送り続ける事が出来、それが商品購入、売り上げアップにつながります。

 

レスポンス率が高く、強引さを感じさせないという特徴があり、企業と顧客の間に長期的な友好関係を築くのに有効な手法です。

この考え方は、インターネットが多く普及した現代において、ネット時代のマーケティング基本手法といえるでしょう。

 

Qgentで手軽に“パーミッションマーケティング”を実施可能なのです。

HOME