パーミッションマーケティングに活用し、潜在顧客を顧客に育てる!

パーミッションマーケティングとは?

従来のマスマーケティング(インタラプションマーケティング:邪魔・土足マーケティング)は、ただひたすら多額の広告費を「TV広告」をはじめ「新聞広告」、「雑誌広告」や「インターネット広告」などにかけて、繰り返し消費者が期待していない時に広告を見せて、その時の行動を邪魔をしています。そのため、あげくの果てにレスポンスが数%と低いマーケティングです。

 

それに対し、パーミションマーケティングとは、顧客や消費者の許可を得て行うマーケティング活動。あらかじめ承認を受けた顧客や消費者に対してのみ勧誘や販売をするため、パーミション(承認)を得られれば、消費者から「期待され」、その消費者にとって「適切で」かつ「パーソナル」なメッセージを送り続ける事が出来、それが商品購入へと繋がり、パーミションをさらに高い次元へと高めていけるわけです。

 

レスポンス率が高く強引さを感じさせないという特徴があり、企業と顧客の間に長期的な友好関係を築くのに有効な手法です。

インターネットの普及した現代、この考え方は、インターネットが多く普及した現代において、ネット時代のマーケティング基本手法といえるでしょう。

 

現在このパーミッションマーケティングの手法をうまく利用して売り上げを伸ばしている企業の一つにAmazonがあります。いままでの購入履歴などから、興味のありそうな情報がメールで配信されてきますよね。
これがパーミッションマーケティングです。

Qgentで手軽に“パーミッションマーケティング”を実施可能なのです。

 

いま普通に御社のサイトを見ている方はどのような方かご存知ですか?

 

通常のサイトでは、ユーザーがサイトに訪れてから離脱するまで、そのぐらい長い時間いたとしても、
こちらからそのユーザーにアプローチすることはできません。
これほどもったいないことがあるでしょうか?

 

せっかく御社に興味を持ってサイトを見てくれているのに、そのまま帰してしまうなんて、、、

 

潜在顧客を顧客に育てるというのは具体的にはどのように行うのか?

 

上記のような流れで行うとスムーズです。
サイトには公開していない非公開情報を見てもらうためにメール登録をしてもらいます。
その時のアプローチに「Qgent」を使い誘導します。

 

ここでメールアドレスを登録した人は、サイトを見ているだけの人よりもさらに御社からの情報を求めているということになりますね^^
この段階で「パーミッションを得られた」ことになります。

 

その御社に興味を持ってくれたユーザーに、こちらからアプローチして、今後こちらからの連絡を送ってもよいパーミッション(許諾)を得る。その方法は、メールアドレスを教えてもらう(メルマガ登録等)でも良いですし、御社のコミュニティへの登録、または手軽なところでFacebookページの「いいね!」を押してもらうだけでも良いのです。

 

パーミッション(許諾)が得られれば、そのユーザーに期待されながら、こちらからの情報を見てもらうことができるようになるのです。御社にまだ興味のない人にも見られてしまうようなばらまきの広告とはわけが違います。レスポンスの率が高いので、効果的な広告戦略が可能となります。

 

ユーザーからの期待が得られれば、徐々に顧客と育てていくことは容易になるでしょう。

 

そのパーミッション(許諾)を得るために最初にこちらからアプローチする方法として、この「Qgent」が最適なのです!!

 

そのようなマーケティング手法が、大きなシステムなどを自社で構築することなく、
月額5万円で可能にするのが「Qgent」です。

 

現在サイトを効率的に活用できていない方は、ぜひ導入をご検討いただき、
これまで休ませていたWebサイトという営業マンを、一生懸命働かせちゃいましょう!!

 
  

表示イメージ

(離脱時の表示イメージです。上記の色合いは変更可能です)

 

”要するに”とても気が利く店員さんにお客さんに会員になってもらうように声をかけてもらう<イメージですね!

この使い方をきっかけに、これまで普通に離脱していた潜在顧客ユーザーを顧客に変えることができたら!「月額9,800円(税込)~」は安いと思いませんか?

 

 

ぜひあなたのサイトでも試してみませんか?

お申し込みは下記よりお願いいたします!

完全無料で10日間お試しください。Qgent

 

STOP離脱クロスセルサイト管理お客様の声

なぜあのライバル業者は、今まで何もしていなかったのにホームページで見込み客を集められるようになったのか?

お申し込み