ターゲットを誘導するためのキーワード選定方法

見込み客の見つけ方
ターゲットを誘導しようと考えたときに、
自分の頭の中だけでそのキーワードを考えても、
効果の高いキーワードが何であるのか?
 
なかなかわからないかと思います。
 
 
そこで効果的に利用できるのがGoogleのキーワードツール
Googleキーワードツール ⇒ https://adwords.google.co.jp/select/KeywordToolExternal

 
Googleが提供しているツールで、
実際にユーザーが検索しているキーワードのボリューム(検索数)がわかるツールなのです!
世の中の需要を調査するには最適のツールですね^^
 
 
そのツールを使って、
自分のサービスに関連したキーワードがどの程度の検索ボリュームがあるのか、
自分のサービス・商品が、どのようなキーワードで求められているのかが把握できます。
 
自分の考えていたキーワードの検索ボリューム調査し、 
仮にその数がちいさかたっとすれば、少し言い回しを変えたキーワードを調べてみるなどできますね。
言い回しを変えたキーワードは、類義語辞典などで調べることができますよ。
 
類義語辞典シソ-ラス
http://thesaurus.weblio.jp/content/%E9%A1%9E%E7%BE%A9%E8%AA%9E
  
 
このような流れでキーワードが選定できたら、あとは検索エンジンからSEMにて誘導してくるだけです。
がその前に実施しないといけないことがあります。
 
ただターゲットとなるユーザーを検索エンジンから誘導しても
サイト内にその受け皿が無いと、見込み客として囲い込むことができません!

>>次のページで「見込み客の囲い込み方法」をご覧ください。

  

なぜあのライバル業者は、今まで何もしていなかったのにホームページで見込み客を集められるようになったのか?

お申し込み